banner

概要情報

English/日本語

目的

知識の共有技術移転といったキャパシティビルディングを目的としています。

テーマ

災害関係情報や災害リスク情報を共有するために地理空間情報や関係技術がどのように活用されているか。

日付

令和2年(2020年)2月25日-27日

場所

JICA 市ヶ谷ビル内、国際会議場(東京都新宿区)

2019年12月23日現在の議題案

第1日目 2月25日(火) 会議(終日)

  1. 開会及び歓迎挨拶
  2. 基調講演 その1
  3. セッション1 測地学・地理空間情報の災害リスク軽減への貢献
  4. 基調講演 その2
  5. セッション2 災害リスク軽減の関係者による地理空間情報の活用
  6. セッション3 地理空間情報を用いた災害対応と国土強靱化

歓迎レセプション

第2日目 2月26日(水) 会議(午前)及び演習(午後)

  1. セッション4 災害に対抗する地理空間技術
  2. まとめ - 結語の確認 -

ウェブによる災害情報共有演習

第3日目 2月27日(木) 視察(終日)

視察は外国政府や国際機関の職員向けです。

登録

国連 GGIM 防災会議参加登録用紙(Microsoft Word ファイル)

CPD ポイント取得を希望する方は CPD の申請方法もご覧ください

※本会議では通訳サービスは提供されず、会議での使用言語は英語です。